鼻炎薬アレグラで治療できる症状

花粉症は突然始まるものなので、風邪かなと思っていたら、症状が長引き、病院で診察を受けると、花粉症だと判明することがあります。
基本的には、花粉が飛び散る季節が終わらない限りは治らないので、マスクや空気清浄機で予防したり、アレグラなどの鼻炎薬で対処療法を行うしかありません。
鼻炎薬アレグラで治療できる症状は、主に花粉症ですが、他にもハウスダストなどによるくしゃみや鼻水、鼻づまり、などの鼻のアレルギー症状の緩和にも役立ちます。
それ以外にもパンなどの小麦や、そば、ナッツ、サバなどの青魚、イカやタコなどを食べたときに起きる、蕁麻疹や発疹などの食物アレルギーにも効果があるので、病院や個人輸入代行通販で手に入れるようにしてください。
アレグラに含まれた、第2世代抗ヒスタミン成分のフェキソフェナジン塩酸塩が、さまざまなアレルギー症状を和らげてくれるので、くしゃみや鼻水が止まらないときはこの薬を使いましょう。
アレグラは第1世代の薬と比較すると、脳に与える影響が少ないので、眠くなりにくいのが特徴です。
これまで鼻炎薬を飲んだ人の中には、集中力や判断力が低下し、作業能率が下がるという人が多かったのですが、アレグラはそうなりにくいので、仕事や学業に支障をきたすことがありません。
アレグラは空腹時でも服用できますし、1回1錠、1日2回で効き目が1日続くので、飲み忘れを防げる、使い勝手の良い薬です。
ただし副作用もあるので、症状が重い場合は、ただちに使用を中止し、病院で診てもらうようにしてください。
のどやまぶたの腫れ、発疹、吐き気、頭痛、めまい、動悸、呼吸困難などが起こることがありますが、ショック状態になった場合は危険なので、急いで受診するようにしましょう。

アレグラの副作用にある「悪夢」について

花粉によるアレルギー症状が起きると、くしゃみや鼻水が止まらなくなるので、仕事や勉強がはかどらなくなります。
花粉が飛び散るのが治まるまで、じっと我慢するのは辛いので、アレグラなどの抗ヒスタミン薬を飲んで、症状を抑えるようにしてください。
アレグラは第二世代の抗ヒスタミン薬なので、第一世代のようには眠気が起きにくいので、薬のおかげでアレルギー症状は治まったけれど、眠くて仕事や勉強が出来なくなるということにはなりません。
個人輸入代行通販で買える薬なので、副作用に注意して、使用するようにしましょう。
アレグラの副作用の項目を見ると、悪夢と記されているので、これはどういうことなのかと不安に感じた方もあるかも知れませんね。
副作用が悪夢の薬は意外と多く、抗ヒスタミン薬や抗不安薬、抗生物質、βブロッカー、高血圧やコレステロールを下げる薬もそうなので、それほど心配することはありません。
なぜ悪夢を見るのかについてのメカニズムは判明していないものの、薬を飲むことで、正常な睡眠のパターンが崩れるためと考えられています。
薬が神経伝達物質に影響を与えると、 睡眠のリズムが崩れて、レム睡眠の時間が長くなりますから、体は休んでいるのに、脳は働き続ける状態になります。
寝てはいるものの、脳が活発なので、普段は見ないような夢を見やすくなり、それが悪夢の場合は目が覚めても忘れず、はっきりと覚えているというわけです。
人によっては、悪夢とは真逆の良い夢を見ることがあり、アレグラの臨床実験でもそれが確認されています。
悪夢に限らず、夢を見やすい薬だとわかっていれば、それほど怖がることはないでしょう。
それにアレグラはもともと眠気の起きにくい薬なので、眠たくなる薬を服用するよりは、悪夢の副作用も少ないはずです。

アレグラ以外におすすめの鼻炎薬

花粉症の時期が到来すると、多くの花粉症の患者は、アレグラといった薬に頼るしかなくなります。
ところが、花粉症用の薬というのは、アレグラの他にも多くの種類が存在しているので、選びきれないというのが実情です。
また、医者から処方されたり、口コミで評価の高い薬を選んだとしても、効果が感じられないというケースも多いです。
当然、比較的評価が高いアレグラも、効果が得られる方と、得られない方に分かれてしまいます。
そもそも、アレグラという薬は、アレルギーを生じさせる起因となるヒスタミンを、抑制することができる製品です。
アレグラのみならず、抗アレルギー剤には、全てヒスタミンを抑制させる作用があります。
花粉症による、様々な症状を緩和させることができるものの、引き換えに口が渇くといった事をはじめ、倦怠感や眠気といった症状も見受けられます。
薬は、必ず副作用がついて回るので、仕方ないと諦めるしかない面もありますが、副作用は少ないに越したことはありません。
こうした、副作用を減らすために誕生した薬が、アレグラです。
症状を抑えるために、薬を服用すると、必ず眠気が生じ、仕事や車の運転に悪い影響を与えます。
ところが、アレグラの場合、数ある抗ヒスタミン剤の中において、最も副作用が少ないので眠くなりにくいのです。
眠気に襲われなければ、当然集中力や判断力、作業効率が低下することはないので、薬を服用していない状態で作業が継続できます。
また、全ての市販薬が払拭できない問題として、処方薬には劣るというイメージがあります。
アレグラは、このようなイメージを払拭するために、医療現場で用いられている成分と同じ用量で、薬効成分が配合されています。